トップページへ学生の方へ働き盛りの方へ中高齢の方へ痴呆でお悩みの方へ
「頭が働かない!」

 ある企業で総務課長を務めている男性Aさんは、同期を追い抜いて現在の地位にあがったことを誇りに思っていました。もちろん人並み以上に仕事をこなした努力が、経営幹部に認められてのことです。そしてAさんは自他共に認める事務処理のエキスパートとして、将来を嘱望されていました。

 ところがある時期から、Aさんの仕事の能率が妙に悪くなってきたのです。今までは手が勝手に処理していたような書類でさえ、計算ミスで何度も書き直すありさま。とにかく、数字が頭に入ってこないのです。計算だけでなく、作成する文書はボキャブラリーが貧困になり、企画書を作れば発想の貧弱さが目立つようになってしまいました。ついには、部下の事務員を先に帰らせ、自分は毎日残業をしないと追いつかないまでになってしまったのです。

「疲れているんだろうか? いや、頭の働きが悪くなったとしか考えられない……」

 これまで誰よりも仕事ができる自信があっただけに、Aさんの落ち込みようは大きなものでした。しかし、部下に間違ってもそんなそぶりをみせる訳にはいきません。いや、部下だけでなく、親しい同僚にさえ決して相談することはできません。もし「あいつの仕事、最近進んでないんじゃないか」と思われようものなら、たちまち出世競争から脱落、下手をすればリストラの対象にまでなりかねません。

 いったいどうしたらいいんだ。毎日何食わぬ顔で出社しながら、Aさんは焦りで身を焼かれそうな日々を送っています。

 働き盛りの社会人が、日に日に自分の記憶力が低下していくのを自覚することは、ある意味でガンを告知されるより恐ろしいことでしょう。しかしこれは他人事ではありません。これだけインターネットが普及し、世界規模で情報が飛び交うようになると、脳は常に膨大な数の情報にさらされ続けています。そのストレスは絶え間なく脳にプレッシャーをかけ続け、ついにある日、限界を超えてもおかしくはないのです。
 突然Aさんを襲った悲劇。次はあなたのご主人、またはあなた自身かもしれません。
この恐ろしい状況を改善するためには…
 「痴呆」や「記憶力低下症候群」といった症状を改善するためには、記憶や学習に関係するアセチルコリンという神経伝達物質の補充が効果的です。ただし、アセチルコリンは外からの補充が難しいのです。

 その解決のために、ホスファチジルコリンというアセチルコリンを合成する物質に着目しました。そして、ホスファチジルコリンをサポートするさまざまな栄養素を配合し、あらゆる面から脳を活性化させる「記憶コリン」が誕生したのです。

 記憶コリンとは、すべての「痴呆」や「記憶力低下症候群」の人に光明となるスーパーサプリメントなのです。

ビザン薬品株式会社さんのサイトでは、
「記憶コリン」をオンラインでご注文できます。
ビザン薬品株式会社さんのサイトへ
トップページへ戻る
ご注文、お問い合わせは記憶コリン研究会までフリーダイヤル0120-35-9588

Copyright © 2003 記憶コリン研究会 All rights reserved.