トップページへ学生の方へ働き盛りの方へ中高齢の方へ痴呆でお悩みの方へ
悲惨な痴呆の実態

 老人の痴呆は悲惨なものです。皆さんもいろいろな例をどこかで見聞きしたことがあると思いますが、ひどい状況になると、パジャマの上に服を着て外出する、自分の子供がわからない、他人が自分のものを盗んだといった妄想に取りつかれるといった状態になってしまいます。これでは、介護するほうもたまったものではありません。しかしそれは、普段私たちの周りにある現実なのです。

 また、痴呆でありながら体だけは元気、という老人も多く、その人たちは元気で歩き回るだけに、逆に危険な徘徊老人として、大きな社会問題になっています。
 さて、痴呆症にはその状態によって、いくつかにランク分けができます。その実態を見てみましょう。

◆軽度
 日常生活の複雑な場面において、その実行が難しいとされる。具体的には、メニューに適した材料の買い物ができない、精神的に不安があるなどが挙げられる。
◆中等度
 「日常生活における基礎的な場面での不適切な行動、害が出現する」と定義され、具体的には、着替えが適切に行えない、入浴を忘れるといったことが挙げられる。
◆高度
 服を正しく着られなくなってパジャマの上に服を重ね着するようになる。入浴を自立して行えない。尿や便の失禁、歩行が次第に不安定となり、妄想や幻覚まで出現するようになるといったことが挙げられる。
◆極めて高度
 意味のない単語を羅列するようになり、次第に言葉を発すること自体も少なくなり、ブツブツというつぶやきが多くなる。歩くことも難しくなり、顔から表情がなくなる。飲み込むことも、噛むこともできなくなり、最終的には昏迷、そして昏睡状態となるなどが挙げられる。

 いかがですか? もしあなたやあなたの親がこうなってしまったら……。本人だけではなく、周囲も不幸のどん底に落とし込んでしまうほど、痴呆症は恐ろしいものなのです。
この恐ろしい状況を改善するためには…
 「痴呆」や「記憶力低下症候群」といった症状を改善するためには、記憶や学習に関係するアセチルコリンという神経伝達物質の補充が効果的です。ただし、アセチルコリンは外からの補充が難しいのです。

 その解決のために、ホスファチジルコリンというアセチルコリンを合成する物質に着目しました。そして、ホスファチジルコリンをサポートするさまざまな栄養素を配合し、あらゆる面から脳を活性化させる「記憶コリン」が誕生したのです。

 記憶コリンとは、すべての「痴呆」や「記憶力低下症候群」の人に光明となるスーパーサプリメントなのです。

ビザン薬品株式会社さんのサイトでは、
「記憶コリン」をオンラインでご注文できます。
ビザン薬品株式会社さんのサイトへ
トップページへ戻る
ご注文、お問い合わせは記憶コリン研究会までフリーダイヤル0120-35-9588

Copyright © 2003 記憶コリン研究会 All rights reserved.